目の下の青くま改善方法

悩み

私は睡眠不足ではなくても、目の下にくまができます。 昔からこの体質で、色白の肌ということもあり余計に目立ってしまいます。 何が不便かというと、顔色が悪く見えてしまうことが不便です。

普段はナチュラルメイクをしていてコンシーラーでくまを消す努力もしているのですが、やはり色白な肌のせいかきれいに消えることはなく、目の下だけ何となく黒くなっています。

くまは、青いくまと茶色いくま、黒いくまに分けられますが、私の場合は青いくまです。明らかに色素がそこに留まったような色の付き方をしています。 睡眠をどれだけとっても全く消える気配はしません。

目の下のくまとはかれこれ10年以上の付き合いになりますが、毎日鏡を見るとこのくまがあって朝からテンションが下がります。 ほんのりとついたくまだったらいいのですが、私のくまは一日の疲労がたまって心身ともにバテてくると余計にくまが目立ってきます。疲労による顔色の悪さとくまの青さで、自分でも驚くほど。

なぜコンシーラーを使っているのにマシな目元にならないのか不思議で仕方ありません。くまのせいで人と向き合って話すことに恐怖心を感じるようになることもしばしばでした。

とある休日の夕方にデパートに行った時もショックを受けました。お手洗いの鏡で自分を見てみると、にこっとした表情をしているにもかかわらず、目の下のくまのせいで不健康、不機嫌に見えていたんです。これはさすがにトラウマになるレベルでした。

青くまの原因

色々調べた結果、青くまが出来る人は、2つの特長があるそうです。

  • 血行不良の方
  • 冷え性の方

私の場合は、冷え性がひどいので、これが原因かなと思いました。

青くまの改善方法1適度な運動をする

肝心の予防方法は、第一に血行を促進することが大事です。

適度な運動を習慣化して、全身の血行を良くしましょう。

運動といっても、激しい運動をする必要はなくて、手軽に出来るウォーキングや、軽めのジョギングで十分です。

ジョギング

青くまの改善方法2、コンシーラーで隠す

気になる方は、メイクで隠しましょう。

一般的に知られている方法としては、オレンジ系や黄色のコントロールカラーを使う方法です。

しかし、コントロールカラーは、肌が弱い方はかぶれてしまうことがあるので、あまりおすすめできません。

青くまのカバーでのおすすめは、固形コンシーラーを使う事です。

肌への負担も少なくて、しかも、少ない量でカバー力もあるのでおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする