無印化粧水敏感肌用しっとりタイプはコンビニでも買えてコスパ高い

一部のコンビニ(ファミリーマート)でも販売している無印化粧水ですが、気になったので購入してみました。

ボトルは、全くの飾り気のない、非常にシンプルなデザインで、逆に目立ってますね。

mujirushi1

  • 通常タイプは200mlで580円
  • 大容量タイプ400mlで980円

気になる化粧水のポテンシャルは、無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、パラベンフリー、アルコールフリーなのは、もちろん。

岩手県釜石の天然水を使用しています。

無印良品化粧水敏感肌用の成分

主な有効成分は、肌保護成分のスベリヒユエキス、グレープフルーツ種子エキス

そして、保湿効果成分のDPG(ジプロプレングリコール)、PEG-32、スベリヒユエキスといったところでしょうか。

販売価格が580円という安い商品ですので、コストの兼ね合いで、そこまで高価な成分は入っていませんね。

mujirushi2

敏感肌用となっていますが、DPGを多く含んでいるので、もしかすると、一部の方には合わない方がいるかもしれません。

なお、しっとりする感が強いのは、明らかにグリセリンの量が多いためです。

質としてはアラフォーがつけるものではない

コンビニで買える手軽さもあって、20代の若い女子が使うなら良いのですが、アラフォー女子が使うのはやめたほうがよいです。

もっと成分に注目して、肌の状態をキープするためにも、保湿効果のたかいセラミドや、ビタミンC誘導体の化粧水を使ったほうが良いでしょう。

セラミド化粧水の中でもヒフミドがおすすめ

アラフォー世代なら、安い化粧品は使わずに、3000円以上の化粧水を使うことをおすすめします。

使っている成分、そして濃度が違うからです。

セラミド配合の化粧水のなかでも、おすすめは小林製薬のヒフミドがおすすめです。

セラミドには、肌の細胞レベルで、水分子を挟み込む性質があり、保湿効果が極めて高い保湿成分です。

成分としても非常に効果ですので、セラミド化粧水も、安いものは避けましょう。

安いのは、濃度が薄かったり、偽物の疑似セラミドを使っている場合が多いです。

小林製薬ヒフミド

小林製薬ヒフミド

高価なセラミド2、セラミド3を使っている化粧品で、しかも成分濃度が高いというのも特長です。

大手という安心感もあります。

トライアルセットが980円(送料無料)であるので、まずは本物のセラミドを試してみてください。違いが分かるはずです。

>>小林製薬ヒフミドのトライアルセットの詳細

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする