アラフォー女子の方に洗顔後でおすすめの化粧水

肌が乾燥

冬になると、乾燥肌が気になりますよね。特に、加齢とともに乾燥の状態も深刻になってきます。そんな時期でも洗顔は欠かせません。

この記事では、乾燥する時期でもおすすめのケア方法と、化粧水をご紹介したいと思います。

洗い方に注意!洗顔で乾燥がすすみます

私は、最近更に肌の乾燥が気になるようになってきたので、乾燥肌対策として毎日継続してスキンケアを行っています。 起床後の洗顔ですが、今までは夜の入浴時と同じように洗顔フォームを使って丁寧に洗顔していました。

乾燥する時期は、油分の気になるTゾーンのみ洗顔フォームを使って洗い、ほかの部分はぬるま湯ですすぐ程度にしています。乾燥が気になる頬なども洗顔フォームで洗ってしまうと、油分と取りすぎてしまって、更に乾燥が進んでしまいます。

洗顔後は清潔なタオルで押し当てるように

洗顔後の水分をふき取る時は、タオルでゴシゴシ拭くのではなく、そっとタオルを肌に押し当てて水分を吸い込むイメージで拭いています。

タオルで荒く拭いてしまうと、肌にダメージをあたえてしまい、それも乾燥肌を悪化させてしまいます。

また、清潔なタオルを使うように心がけましょう。

洗顔後は化粧水で保湿

洗顔後は、忘れずに保湿をおこないます。化粧水は、保湿力の高いセラミド化粧水をおすすめします。

ドラッグストアのセラミドに注意!

ドラッグストアではキュレルなどお手軽な価格で買えるセラミド化粧水が売っていますが、安いセラミド化粧品は疑似セラミドが入っている事がほとんどです。

キュレル成分表

セラミドとパッケージには書いていますが、疑似セラミドなのです。

ようするに偽物の成分ですね。

セラミドを気にする方は、アラサー、アラフォー以降でしょうから、パッケージの裏面を見て、セラミド1,2,3などが入ったヒフミドやノブ3などの本物のセラミドの化粧品を購入しましょう。

ヒフミドの成分表

毎日つかう化粧水ですので、特にアラフォー以降の女性は注意しましょう。

ノブ3は美容皮膚科でも取り扱っている

ノブ3は、都内で有名な美容皮膚科でも取り扱っています。

敏感肌のための化粧品として様々なシリーズを販売しているのがノブです。 新しく高保湿の敏感肌用のノブⅢシリーズに話題が集まっています。

ノブ3の特徴

臨床皮膚医学に基づいて作られてる化粧品ですから、効果は最大なのに肌には影響がないというメリットがあります。 敏感肌特有のどんな化粧品を使っても肌がピリピリするとか、いつも肌が刺激で赤くなってしまう、どんなに保湿してもいつも肌がかさかさだなどの悩みは、全て肌のバリア機能の低下が原因です。 肌のバリア機能というのは、外の刺激から肌を保護する機能のことで、元々肌に備わっている機能なのです。

それが様々な要因で低下してしまうため、刺激に弱い敏感肌になってしまいます。 そんなバリア機能を高めてくれる大切な成分がセラミドです。 細胞と細胞の間を埋めてくれて、外から異物などが入らないようにしっかり守ってくれます。

セラミドが少ない肌にセラミドを与えてくれて、保護機能のサポートをしてくれるのがノブⅢシリーズです。 セラミド液晶化技術というオリジナルな技術が使われていて、肌への浸透力がアップしています。

肌の内部のセラミドと同じ構造ですから、浸透しやすくなじみやすいという特徴があります。 バリア機能の要であるセラミドがグングン肌に浸透してくれて、細胞の間を埋めてくれます。 水分保持力や保湿力が高くなりますから、肌が潤ってハリが戻り、もっちり肌になれます。

今までの肌トラブルは何だったのだろうかと思うほど健やかな肌になれて、乾燥とは無縁のしっとり肌を維持できます。

価格はキュレルの1.5倍ほど高いのですが、つけ心地がまったく違います。

トライアルセットが用意されているので、どれだけ違うのか試してみるとよいでしょう。

ノブ3のトライアルセットの詳細をみる

保湿クリームの塗り方

保湿クリームも、そのままクルクル塗り込むのではなく、まず手のひらでクリームを温めてから、抑え込むようにして顔全体に広げていきます。クリームを温めることで、寒い季節でも肌にクリームが浸透しやすくなります。

冬になると、顔の乾燥と同じように体の乾燥も気になると思います。体も顔と同じように、油分を余計に取り除いてしまうと更に乾燥が進んでしまいます。そのため、汚れの気になる部分以外は、一日おきに石鹸を使って洗います。

石鹸を使わない日は、お湯でさっと流す程度で十分です。入浴後の保湿ケアも、顔と同じように大切です。水分は、タオルを優しく押し当てるようにして取り除き、保湿クリームを手のひらで温めてから、浸透するように抑え込むように塗っていきます。

乾燥肌のケアを行うようになってから、あきらかに違いを実感しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする