沖縄の海水(海洋深層水)で作られた化粧水

海洋深層水

沖縄といえば、南の島というイメージで、透き通った海で有名ですよね。沖縄には、その透き通った海洋深層水を使って作られた化粧品がありますが、いくつもある沖縄の海水化粧水の中でも、技術的にひとつ抜きん出ているのが、ドクターリセラです。

深度1400mの深層海水を使っている

ドクターリセラの透輝のしずく(とうきのしずく)は、沖縄糸満沖の深水1400mもの深さの海水(海洋深層水)を使用しています。

ふつう海洋深層水といえば、深度200m程度の海水を指します。ところが、ドクターリセラは深度1400mというとてつもなく深い深い海洋深層水を使います。さらに、ミネラルバランスを整えるために、深度600mの中層から採取した海水をブレンドしています。

摂取にここまでこだわった海水には、お肌に良いとされるミネラル、マグネシウム、カルシウムが豊富に含まれており、この海水を原料として作られたのが透輝の滴です。

水ではなく海水を使う理由

ドクターリセラの社長の話によると、一般の化粧品の主成分は水です。しかし、水そのものには美肌の効果や効能はありません。

ところが、海洋深層水を使用すると、ミネラルをはじめとした肌に良い成分が含まれているので、全てが有効成分になるとのこと。

透輝の滴の特長

ドクターリセラを使い始めて分かるのは、肌にツヤが出てくることです。肌のトーンはワントーン上がる感じです。

お手入れも非常にシンプルで、クレンジングをして洗顔したあとに、美容液と化粧水をつけるだけです。

一ヶ月くらい使うと、徐々に肌が変わってくる感じです。

トライアルセットも用意されています。取り寄せてみたところ、非常に豪華です。

ドクターリセラ

3,780円と、普通の化粧品のトライアルセットよりも高額ですが

クレンジング→洗顔→美容液→化粧水→日焼け止め
一連の流れを全てトライアルセットで体感出来ます。

>>美容液の<透輝の滴>じっくり10日間輝きセット