毛穴の黒い角栓は指で出してはダメ

鼻の角栓

鼻に出来た黒い角栓。どうしても気になってしまいますよね。

この時、爪でにゅっと出しては駄目です。

毛穴が開くばかりか、ばい菌が入り、悪化してしまう可能性があります。正しい対処法をする必要があります。

毛穴の黒い角栓は、皮脂が酸化してタンパク質が黒く固まったもので、固まった事で毛穴を押し広げてボツボツとした状態になります。

一旦、黒い角栓ができてしまうと、通常の洗顔では取る事が出来ません。

石鹸や洗顔フォームは、皮脂を取る事が出来ても、タンパク質は分解出来ません。

角栓は、タンパク質の塊なので、いくら洗顔しても角栓が取れないわけです。

取るには、タンパク質を分解する成分が入った洗顔料を使う必要があります。

タンパク質を分解する成分とは、酵素です。

酵素入りの洗顔料を使う事によって、毛穴の角栓を分解、溶かす事が出来ます。

酵素洗顔とは?

酵素洗顔

酵素洗顔料は、いくつか欠点があります。

  • パウダー石鹸が多いので使いづらい
  • 洗浄力が強いので月に2、3回までが限度
  • 低温だと酵素が働かないので、ぬるま湯で泡立てる必要がある

という、普通の洗顔フォームや、固形石けんに比べると、非常に使い勝手が悪いのです。

ただ、角栓は酵素でしか分解出来ないので、月に一度は使いましょう。

皮脂が多く出る方は、月に2、3回使ってもよいと思います。

おすすめの酵素洗顔料は?

持田製薬コラージュホワイトピール

持田製薬コラージュホワイトピール

ホワイトピールは、パウダータイプの酵素洗顔料で、気になる黒ずみをケア出来ます。

持田製薬が、毛穴の黒ずみ用で開発された商品ですし、大手メーカーが開発ということで安心感もあります。

使ってみたい方は、トライアルセットが477円で、しかも送料無料でお取り寄せできます。

酵素洗顔料 【ホワイトピール】 トライアルセット

洗顔後はビタミンC誘導体の化粧水でケア

apps

洗顔後は、必ずビタミンC誘導体の化粧水を使いましょう。

毛穴の角栓をとったとしても、原因となる皮脂の分泌が改善しなければ、またすぐに角栓が出来てしまいます。

そこで、ビタミンC誘導体の化粧水を使います。

このビタミンC誘導体には、皮脂の分泌を抑える作用があります。毛穴のつまりを抑える予防にもなります。

また、ビタミンC誘導体はコラーゲンを増やすという効果もあるので、肌の内側からハリがでて毛穴が広がるのを防ぐ効果もあります。